任意整理にかかる費用

任意整理を行なう際には、弁護士や司法書士といった専門家に依頼して行なわなければなりません。そのため、任意整理を行なうには弁護士や司法書士に対する支払うべき費用が生じます。弁護士や司法書士に支払うお金は、以下のようになっています。
<相談料>
無料で相談してくれることがほとんどですが、有料の場合もあります。一般的には30分で5,250円が相場です。
<着手金>
これは、弁護士や司法書士に任意整理を行なってもらうことを決めたらはじめに支払うお金で、多くの場合、金融会社1社につき2〜4万円となっています。多重債務の場合は、着手金だけで10万円を超える場合もあります。着手金を支払わないと受任通知を通知できず、結局取立てが続くという状態になりますが、着手金は全額でなくてもよく、一部支払えば任意整理を開始してもらえます。最近では、着手金無料という弁護士や司法書士も多くいらっしゃいます。
<基本費用>
任意整理の基本費用は、たいてい後払いです。これは、金融会社1社当たり2〜4万円となっていることが一般的です。ただ司法書士と弁護士では基本費用は異なっていて、司法書士なら1社当たり2万円前後、弁護士では3〜4万円となっていることが一般的で、弁護士の方が高額となっています。今は、基本費用を1〜5社までは20万円、などといった形で固定しているところもあります。
<減額報酬>
任意整理を行なうと、債務が減額されます。その減額されたことに対する報酬が減額報酬で、一般的には減額された金額の10%とされています。つまり、100万円の債務が60万円まで減額された場合には、減額した40万円のうちの10%、つまり4万円が減額報酬として支払わなければならなくなるということです。減額報酬も、司法書士や弁護士によってはないというところもあります。減額報酬の有無は、弁護士や司法書士への支払いの金額を大きく左右するものになるので、事前にチェックしておくことをお薦めします。
<過払い金返還請求にかかわる費用>
もし利息の引き直し計算をしたところ過払い金が発生したとしたら、それを取り戻そうとするには過払い金返還請求ということをしなければなりません。それなりの手順に則って、弁護士や司法書士が行なうことです。任意整理によって過払い金返還請求をすることにした場合でも、任意整理にかかる費用とは別に、過払い金返還請求にかかる費用を支払わなくてはなりません。

以上が任意整理にかかる費用で、総額するとおおよそ20万円前後はかかる場合が多いです。確かに安い金額ではなく、債務がある上にまだこれ以上支払いがあるのかというと無理そうに思えますが、返済が困難な債務をそのまま続けていくよりも、費用がかかったとしても任意整理を行なうほうが最終的には得となることが多いです。

またこの任意整理にかかる費用は、一括ですべて支払わなくてはならないということはありません。弁護士や司法書士の事務所によっては、分割を認めている場合もありますし、積立金制度という制度を取っている場あります。この積立金制度というのは、受任通知が送付され債務の取立てが停止したときから、月々数万円を債務者が弁護士や司法書士の事務所に支払っていくというものです。この支払いは、任意整理の和解が出来るまでの数ヶ月間、行います。それによって積み立てられたお金で、任意整理にかかる費用をまかない、もしかかった費用を差し引いても積立金が余るような場合には、それは債務者へ返金することになっています。

注目サイト

沖縄 ダイビング

ゲッティーズ

心斎橋で医療脱毛を行う

2018/12/14 更新