任意整理の長所

任意整理には、いくつかの大きなメリットがあります。
<債務の減額>
生活が苦しくなるような債務に頭を抱えていたとしても、任意整理を行なえば債務が減額されるということは、任意整理の最大のメリットでしょう。つまり過払い請求などの解決です。任意整理によって利息制限法による利息の引き直し計算を行なうと、特に長期に渡る返済をしている人にはメリットが大きくあります。それは、過払い金があり、それを返還してもらえる可能性があるからです。つまり、借金がなくなる上に、お金が返ってくるということです。約5年前後以上の長期に渡る返済をしている場合、それまで高い利率で返済をしてきたため、引き直し計算を行なって、正当な今までよりも低い利率に直してみたところ、今まで返済してきた金額ですでに元本の返済まで終わっていることが有り得るということです。さらに、元本の返済が終わっているばかりでなく、その上お金を支払っていた場合には、それを取り戻せるということで、これが過払い金の返還請求です。借金に苦しんでいたのに、一気に借金がなくなるだけでなく、お金が返ってくる可能性があるというのは、非常にありがたいことでしょう。
<取立ての停止>
任意整理を開始した時点、つまり弁護士や司法書士が任意整理をする旨を債権者に伝え、仲介に入った時点で、それまであった債権者からの取立ては一切止まります。もう、電話や郵送で債務者に連絡を取って来ることは出来なくなるため、債務者としては、かなり気持ちが楽になります。
<周囲に知られない>
任意整理は、裁判所が関与したりするような公的な債務整理の方法ではなく、あくまでも債権者と債務者の話し合いによる和解です。ですから、家族をはじめ職場や同僚、友人、近所の方などに知られずに、任意整理を開始し、そして終了させることが出来ます。また任意整理では、債務者は基本的に、弁護士や司法書士に相談に行ったら、和解が成立するまですることがありません。毎日、いつもと同じ生活をしていればいいわけです。ですから、周囲に気付かれる可能性も低くなります。
<時間的に拘束されない>
あくまでも任意整理は私的な債務整理で、裁判所などが関与はしません。ですから、裁判所に呼び出されることや日時指定で訪問しなければならない場所があるわけではありません。そのため、時間的な拘束は一切ありません。
<整理したい債務を選べる>
保証人がついている債務を任意整理しようとすると、保証人に債務の請求が移ります。またローンを組んであるものを任意整理しようとすると、そのものは差し押さえられ使えなくなります。ですから、保証人がついているものや、住宅ローンなどローンが組んであるけれど差し押さえられたら生活に困るものは、任意整理の対象とはしたくないものです。任意整理では、そのような多重債務のうち、任意整理したいものとしたくないものを分けて、したくないものはそのままの返済を継続していくということが出来ます。そのため、任意整理をしているものの、住宅ローンが組んであってもそのまま住宅に住み続けることも可能です。これは、家族にも知られたくない方には非常に好都合ですし、安心して毎日の生活を送っていくことが出来ます。

<その他> 任意整理はあくまでも私的な交渉ごととなっていますから、市町村宅場の破産者名簿に名前が載ることもありません。また、任意整理は職業の有無や職種による制限はなく、パートやアルバイトの方でも行なうことができます。もし職業がない状態でも、任意整理自体は行なうことができます。ただ、その後も月々の支払いがあるので、その支払いが可能なだけの収入があれば、大丈夫です。

check

中古物件のリノベーションを大田区で依頼

2018/5/23 更新